« ピレリタイヤ、「データないインドGPは保守的に」 | トップページ | 2011 インドGP F1チームとP Zeroコンパウンドにとって新たな戦いの場所 »

2011/10/25

インドGP、テレビ放映でも混乱か

Buddh circuit (C)Buudh International Curcuit
拡大します
お国柄の違いからか、ここまでも幾多の障害を経て開催にこぎ着けたインドGPだが、地元の『ヒンダスタン・タイムズ』紙らが伝えるところによると、テレビ放映についてまだ問題が残されているということだ。

衆知のようにF1のテレビ放送はFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)により厳しく管理されていて、例えば日本GPにおいても以前のような「日本人ドライバーカメラ」は許されていない。
しかしこうした厳しい契約にインド国内の放送局が反発する姿勢をみせていて、場合によっては国内の放映をボイコットすることも辞さないとしているという。

こうした難題続きにインド国内のモータースポーツを管理するヴィッキー・チャンドク/FMSCI(インド・モータースポーツ・クラブ連盟)会長も、「双方がお互いを理解しあえなければならない」と、ほとほと困惑の表情だ。

|

« ピレリタイヤ、「データないインドGPは保守的に」 | トップページ | 2011 インドGP F1チームとP Zeroコンパウンドにとって新たな戦いの場所 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドGP、テレビ放映でも混乱か:

« ピレリタイヤ、「データないインドGPは保守的に」 | トップページ | 2011 インドGP F1チームとP Zeroコンパウンドにとって新たな戦いの場所 »