« 『ニュージャージーGP』、開催は2013年から10年間に | トップページ | ニュージャージーGP、市街地コースでもティルケ氏設計 »

2011/10/27

FIA、インドGPのDRSゾーンは2か所を設定

Image (C)Buudh International Curcuit
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は、今週間インドGPに2か所のDRSゾーンを設定することを明らかにした。

それによれば最初の検出ポイントは15コーナー出口で、これによりピット前ストレートでDRS(可変リヤウィング)が使える。
また二つ目は3コーナーの入口で、こちらは4コーナーまでのロングストレートでDRSが使用可能になる。

なお今シーズン、2つのDRSゾーンが設定されるのはモンツァ・サーキットでのイタリアGP以来2回目ということになる。

|

« 『ニュージャージーGP』、開催は2013年から10年間に | トップページ | ニュージャージーGP、市街地コースでもティルケ氏設計 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/53093294

この記事へのトラックバック一覧です: FIA、インドGPのDRSゾーンは2か所を設定:

« 『ニュージャージーGP』、開催は2013年から10年間に | トップページ | ニュージャージーGP、市街地コースでもティルケ氏設計 »