« 小林 可夢偉、自己最高の7番手グリッドからのスタートに | トップページ | シューマッハ(メルセデスGP)は逆にハミルトン批判 »

2011/10/09

小林可夢偉(ザウバー)、決勝グリッドは7番手から!

小林 可夢偉 (C)Sauber Motorsport
拡大します
当初10番グリッドとされた小林可夢偉(ザウバー)の日本GPスタート位置だったが、FIA(国際自動車連盟)のレーススチュワード(競技審査委員)は予選Q3結果を検証した結果、シューマッハ-セナ-ペトロフ-小林の順だったものを、小林-シューマッハ-セナ-ペトロフの順であると訂正した。

これはザウバー・チームの抗議によるものだが、FIAはこの基準として、
1. アタックラップを開始して予選タイムを記録しようとしたドライバー
2. アタックラップ自体を開始しなかったドライバー
3. 予選時間中にコースインしなかったドライバー
の順であるとしたもの。

なお、これは小林可夢偉にとって今年のイギリスGP(8位)を上廻る最高グリッドということになる。

|

« 小林 可夢偉、自己最高の7番手グリッドからのスタートに | トップページ | シューマッハ(メルセデスGP)は逆にハミルトン批判 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52943896

この記事へのトラックバック一覧です: 小林可夢偉(ザウバー)、決勝グリッドは7番手から!:

» F1 鈴鹿 日本GP 予選 録画鑑賞 [VAIOちゃんのよもやまブログ]
現地からも散々エントリを上げていましたが、現地観戦した今年の日本GP。いよいよタイトルの掛かった鈴鹿でのGPですが、やっと録画しておいた地上波の予選を観戦したので、ヘアピン ... [続きを読む]

受信: 2011/10/10 16:29

« 小林 可夢偉、自己最高の7番手グリッドからのスタートに | トップページ | シューマッハ(メルセデスGP)は逆にハミルトン批判 »