« 小林可夢偉(ザウバー)、「事故は完全に自分のミス」 | トップページ | シューマッハ(メルセデスGP)、「走らないのも作戦のうち」 »

2011/09/25

大苦戦のルノー・チーム、「問題点は低速コーナーにある」

ベルギー、イタリアGPとトップ10グリッドの常連だったロータス・ルノーGP(前ルノー・チーム)だが、今回のシンガポールGPでは大苦戦。
両者共にQ3進出を果たせなかったばかりか、Q1では同チームのペトロフとセナがQ2進出最後の一つを巡って「同士討ち」を演じる有り様だった。

James Allison (C)Renault F1 UK
拡大します
こうした状況について同チームのジェームズ・アリソン/テクニカル・ディレクターは、「今回のシンガポールでは、これまでとはまるで違うマシンのようだった。
われわれのデータでは、1周当たり1.8秒も遅い計算になってしまったんだからね。
簡単にいえば、このコースの特性が『R31』には合わないということで、とりわけ低速コーナーで大きくタイムロスをしていることがわかった。
グリッドに換算すれば優に8つは下がったことになるが、この隔たりはあまりにも大きいものだよ」と、嘆いている。

|

« 小林可夢偉(ザウバー)、「事故は完全に自分のミス」 | トップページ | シューマッハ(メルセデスGP)、「走らないのも作戦のうち」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52825012

この記事へのトラックバック一覧です: 大苦戦のルノー・チーム、「問題点は低速コーナーにある」:

« 小林可夢偉(ザウバー)、「事故は完全に自分のミス」 | トップページ | シューマッハ(メルセデスGP)、「走らないのも作戦のうち」 »