« ルノー・チーム、クビサ復帰の最終判断は10月末までに | トップページ | シンガポールGPの競技審査委員にフレンツェン氏 »

2011/09/22

ベッテル(レッドブル)、今週末にもタイトル獲得の可能性

Sebastian Vettel (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
2011年のF1もいよいよあと6戦を残すのみとなったが、目下チャンピオンシップ・リーダーのセバスチャン・ベッテル(24歳:ドイツ)は284ポイントと、目下2位のアロンソ(フェラーリ)に対し112ポイントと大きく差を付けている。

そのベッテルが今週末のシンガポールGPでも優勝した場合、2位のアロンソが4位以下、3位のバトン(マクラーレン)と4位のウェバー(レッドブル)が共に3位以下だった場合、ここで今季のタイトルが決まることになる。

またベッテルが2位だった場合でも、同じくアロンソが8位以下、バトン&ウェバーが5位以下、さらにランキング5位のハミルトンが2位以下だった場合。
さらにベッテルが3位だった場合には、アロンソが9位以下、バトン&ウェバーが7位以下、そしてハミルトンが3位以下だった場合にもベッテルのタイトルが決まる。
ベッテルが4位以下だった場合には今週のタイトル決定はない。

日本のファンとしては、できれば次の日本GP(10月9日決勝)までタイトル決定は持ち越して欲しいものだ。

|

« ルノー・チーム、クビサ復帰の最終判断は10月末までに | トップページ | シンガポールGPの競技審査委員にフレンツェン氏 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52791854

この記事へのトラックバック一覧です: ベッテル(レッドブル)、今週末にもタイトル獲得の可能性:

« ルノー・チーム、クビサ復帰の最終判断は10月末までに | トップページ | シンガポールGPの競技審査委員にフレンツェン氏 »