« マクラーレン・チーム代表、非難受けるハミルトン擁護 | トップページ | クビサの担当医師、年内のF1ドライブを保証も »

2011/09/29

ベッテル(レッドブル)、日本でのタイトル決定に死角なし

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
目下シリーズ・ランキング首位を走るセバスチャン・ベッテル(レッドブル・レーシング)は、今回行われたシンガポールGPでもみごとなポールTOウィンを飾り、次戦日本GPにも自身2度目となるタイトル獲得を決める勢いだ。

現在ベッテルの獲得ポイントは、309点。
一方、これを追う立場で今回のレースでも2位に入ったバトン(マクラーレン)は185ポイント。
今季残りレースは5戦で、これにすべてバトンが優勝したとしても125ポイント。
これを加えるとバトンの最終獲得ポイントは310で、ベッテルはあと1ポイント獲得しさえすれば同ポイントになる。
レギュレーションで、同ポイントの場合には優勝回数の多いほうが優位とされるが、ここまですでに9勝しているベッテルに対しバトンはあと5勝を加えても7勝に留まることになる。
バトンのタイトル獲得シーンが鈴鹿サーキットで見られる可能性は極めて高くなったと言える。

|

« マクラーレン・チーム代表、非難受けるハミルトン擁護 | トップページ | クビサの担当医師、年内のF1ドライブを保証も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52850697

この記事へのトラックバック一覧です: ベッテル(レッドブル)、日本でのタイトル決定に死角なし:

» フェッテルがノーポイントでバトンが優勝すると [予定は未定であって決定ではない]
フェッテルがノーポイントでバトンが優勝しない限り、鈴鹿でフェッテルが2年連続のチャンピオンか。んー、冷静に考えたらフェッテルが優勝してそのままチャンピオンになる可能性が極めて高いよなぁ。 ... [続きを読む]

受信: 2011/09/29 13:00

» F1 鈴鹿に向けたポイント計算 [VAIOちゃんのよもやまブログ]
もう実質ドライバーズタイトルはベッテルに確定している今年のF1。というのも、シンガポールを終わってのランキングがトップのベッテル309ptsで9勝、2位のバトンが185、3位アロンソが18 ... [続きを読む]

受信: 2011/09/30 00:03

« マクラーレン・チーム代表、非難受けるハミルトン擁護 | トップページ | クビサの担当医師、年内のF1ドライブを保証も »