« 2011F1決勝の興奮冷めやらぬ日曜の夜、小林可夢偉選手ファンの集いを開催。 | トップページ | トゥルーリ(ロータス)、日本GP(鈴鹿)行きに及び腰姿勢 »

2011/09/08

セバスチャン・ベッテル、「レッドブルの先は考えてない」

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
先に2012年シーズン、レッドブルへの残留を発表したマーク・ウェバーは、「レッドブルがF1最後のチーム」と考えていることを明らかにしたが、今度は僚友であるセバスチャン・ベッテルのほうも同様の意向であることを示唆して注目されている。

ただ19歳の若さでF1デビューを果たしたベッテルは今年まだ24歳。
2014年末となっている現在のレッドブルとの契約が満了してもまだ27歳と引退には早過ぎる年令だ。

「今はまだ2014年より先のことなんか考えていないよ。
その時まだF1で走り続けたいと考えているか、あるいは何かまったく違う他の分野に関心を持っているか、誰にもわからない。
ただ、今はF1で戦うことに魅力を感じているけどね、あるいは(ウェバーみたいに)レッドブルが最後のチームになるかも知れないさ」

|

« 2011F1決勝の興奮冷めやらぬ日曜の夜、小林可夢偉選手ファンの集いを開催。 | トップページ | トゥルーリ(ロータス)、日本GP(鈴鹿)行きに及び腰姿勢 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52676233

この記事へのトラックバック一覧です: セバスチャン・ベッテル、「レッドブルの先は考えてない」:

« 2011F1決勝の興奮冷めやらぬ日曜の夜、小林可夢偉選手ファンの集いを開催。 | トップページ | トゥルーリ(ロータス)、日本GP(鈴鹿)行きに及び腰姿勢 »