« FIA(国際自動車連盟)、シンガポールGPのDRSゾーンは1か所に | トップページ | タイヤから見たシンガポールGP »

2011/09/23

マクラーレン、新エンジン規定になっても自製は否定

1995年以来、メルセデスF1エンジンを搭載して数々の成功を収めてきたマクラーレン・チームだが、一部で噂に上がった「エンジン自製」の報道について、これを否定した。

Jonathan Neale (C)McLaren Group
拡大します
これは同チームのマネージング・ディレクターであるジョナサン・ニール氏が記者会見で明らかにしたもの。
同氏は、「衆知のように2014年シーズンからF1エンジンは「1.6リッターV型6気筒ターボ」へとレギュレーションが大きく変化する。
しかしわれわれにはメルセデス・モータースポーツとの間に築き上げた長いパートナーシップの歴史がある。
新規定になっても、マクラーレンとメルセデスとは互いに力を合わせてF1チャンピオンシップを戦い抜くことだろう」と噂を否定、両者の体制に揺るぎがないことを強調した。

上位チームでは、フェラーリ・チームは当然のことながらフェラーリ・エンジン、レッドブル・レーシングもすでにルノー・エンジンの契約を更新していて、早くも新規定に向けての開発を進めているものとみられている。

|

« FIA(国際自動車連盟)、シンガポールGPのDRSゾーンは1か所に | トップページ | タイヤから見たシンガポールGP »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52805530

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン、新エンジン規定になっても自製は否定:

» マクラーレンはメルセデスエンジンを2015年までなのか? [MotorSports]
一時マクラーレンが自分たちでエンジンを作るのでは?との噂が出たことがあったが どうやら2015年まではメルセデスエンジンを使用するとのことで マクラーレンからは 「契約上の細かい話をするつもりはないが、われわれは現行エンジンから次世代エンジンに移行するまでの間、確実にメルセデス・ベンツと一緒にやっていくと断言できる」 とコメント さて2014年にはエンジンが変更される マクラーレンはメルセデスとの契約が切れるまでの間に自社開発エンジンを投入することにするのか? それとも2015年以降も強力していくか... [続きを読む]

受信: 2011/09/23 10:34

» シンガポール F1GP FP1 [夏も 終わりかな・・・]
今シーズンのチャンピオンが決るかもしれない大事な週末 既に ストーブリ−グは次期エンジンへ 圧倒的なパワーで メルセデス有利 しかし空力的には 不利か・・・ トータルパケージでは レットブル・ルノーに 優位性あり。 シンガポールでは ナイトレースもからんんで・・・...... [続きを読む]

受信: 2011/09/23 15:02

« FIA(国際自動車連盟)、シンガポールGPのDRSゾーンは1か所に | トップページ | タイヤから見たシンガポールGP »