« フェラーリ総帥、今季成績いまいちも現体制継続を支持 | トップページ | 予選10番手セナ(ルノー)、「タイヤ温存できたので満足」 »

2011/09/11

小林可夢偉(ザウバー)、「残念だけど大切なのはレースだから」

小林 可夢偉 (C)Sauber Motorsport
拡大します
フリー走行時点ではトップ10進出の期待も掛かったザウバー・チームだったが、結果はペレス15番手、小林可夢偉は17番手と不本意なポジションに終わった。

これについて小林可夢偉は、「Q2ではスライドしてタイヤにフラットスポットを作ってしまったんだけど、まあそれがなくてもQ3に行けたとは思えないな。
もともとこのコースはタフなものだと覚悟していたけど、このスタート位置は想定外。
それでも大切なのは決勝レースだから、明日はきっとチャンスをつかんでポイントを獲得したい」と、述べた。

またペレスのほうも、「予選では僕たちのマシンの持つ最大限を出し切ったと思うから、後悔はしていない。
ウチは予選よりレースのほうがペースがいいと思うから、明日はポイント獲得を目指している」と、語っている。

|

« フェラーリ総帥、今季成績いまいちも現体制継続を支持 | トップページ | 予選10番手セナ(ルノー)、「タイヤ温存できたので満足」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52700964

この記事へのトラックバック一覧です: 小林可夢偉(ザウバー)、「残念だけど大切なのはレースだから」:

« フェラーリ総帥、今季成績いまいちも現体制継続を支持 | トップページ | 予選10番手セナ(ルノー)、「タイヤ温存できたので満足」 »