« セバスチャン・ベッテル、「イタリアGPは絶対勝ちたいレース」 | トップページ | マーク・ウェバー(レッドブル)、「結論は一つだった」 »

2011/09/06

ニキ・ラウダ氏、「ハミルトンにはレースへの知性が必要」

Niki Lauda (C)Redbull Racing
拡大します
自身の経験からF1の現状に提言することが多い元F1チャンピオン、ニキ・ラウダ氏(62歳:オーストリア)が、英『サンデー・エキスプレス』紙を通じ、再びルイス・ハミルトン(マクラーレン)に次のようなアドバイスを送っている。

「ハミルトンが類い希なスピードを持っていることは衆知のことだ。
しかし、例えばこの間のベルギーGP。
13番手からスタートしたチームメイトのバトンが3位でゴールしたのに比べ、ハミルトンは予選2番手からスタートしたにもかかわらず早々にクラッシュしてその優位を活かせなかった。
どんなにスピードがあっても、レースでクラッシュしているようではチャンピオンになることはできないんだ。
彼が学ぶべくは、レースでの一貫性とレースへの知性だね」

|

« セバスチャン・ベッテル、「イタリアGPは絶対勝ちたいレース」 | トップページ | マーク・ウェバー(レッドブル)、「結論は一つだった」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52652344

この記事へのトラックバック一覧です: ニキ・ラウダ氏、「ハミルトンにはレースへの知性が必要」:

« セバスチャン・ベッテル、「イタリアGPは絶対勝ちたいレース」 | トップページ | マーク・ウェバー(レッドブル)、「結論は一つだった」 »