« 大苦戦のルノー・チーム、「問題点は低速コーナーにある」 | トップページ | ベッテル、ピレリPZeroレッド・スーパーソフト・タイヤでポール獲得 »

2011/09/25

シューマッハ(メルセデスGP)、「走らないのも作戦のうち」

Michael Schumacher (C)Mercedes Motorsports
拡大します
僚友ニコ・ロズベルグと共に予選Q3進出を果たしながら、結局有効なラップタイムを計測することなくガレージに戻ってノータイムとなったメルセデスGPのミハエル・シューマッハは、予選後次のように語った。

「今日の予選は戦術面を優先させた。
走らない、というのだって有効な作戦の一つだからね。
予選でもう一つ順位を上げることと、決勝レースに備え新しいタイヤを1セット残すこととを比べて、こう判断したんだ。
明日の決勝レースではこれが功を奏することを願っているよ」

予選ではフォース・インディアの2台が大きくラップタイムで劣っていて、また上位とのタイム差もあることからQ3では実質的にチームメイトであるロズベルグとの7-8番グリッドを巡る争いだった。

|

« 大苦戦のルノー・チーム、「問題点は低速コーナーにある」 | トップページ | ベッテル、ピレリPZeroレッド・スーパーソフト・タイヤでポール獲得 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シューマッハ(メルセデスGP)、「走らないのも作戦のうち」:

« 大苦戦のルノー・チーム、「問題点は低速コーナーにある」 | トップページ | ベッテル、ピレリPZeroレッド・スーパーソフト・タイヤでポール獲得 »