« フリー走行2回目は本命ベッテル(レッドブル)が最速タイム | トップページ | フリー走行最速のベッテル(レッドブル)、「努力するだけ」 »

2011/09/24

シンガポールGP、露呈した公道コースの劣化

Vitaly Petrov (C)Renault F1
拡大します
2011年のシンガポールGPはいきなりタイムスケジュールより30分遅れでのスタート。
これについてFIA(国際自動車連盟)のレーススチュワード(競技審査委員)は、コースに設置された縁石が一部損傷(剥がれ掛かっている)しているのが確認されたため、としている。

FIAのチャーリー・ホワイティング/レースディレクターによれば、これはサポートレースとして行われたポルシェカップ・レースの際に起きたものとされているが、さらにその原因を探ればもともと一般公道である路面に、サーキット転用用にボルト穴を穿ったための結果であるという。

2008年のシンガポールGP初開催からすでに3年、想定以上にこうした「装置」の劣化が進んでいるとみられ、今回の縁石トラブルもボルト穴が当初のように機能していないためと指摘された。

|

« フリー走行2回目は本命ベッテル(レッドブル)が最速タイム | トップページ | フリー走行最速のベッテル(レッドブル)、「努力するだけ」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52814799

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポールGP、露呈した公道コースの劣化:

» F1 2011 Rd14シンガポールGPフリー走行1回目 [MotorSports]
F1 2011 Rd14シンガポールGPフリー走行1回目が終了した いきなり縁石に不具合が発生したことで30分短縮し 60分のフリー走行になった トップはハミルトンが48秒台へ ベッテルとウェバーが続くも結構なタイム差 1回目でホコリもすごく短縮されたことでのタイムなのであまり関係ないだろう 途中ウェバーとグロックが接触、ウェバーはフロントウィングを破損、グロックはパンクさせられてしまった あとはコバライネンのフロントブレーキから出火、今回はマーシャルに消火されていたが、ここでは良く燃えるコバライネ... [続きを読む]

受信: 2011/09/25 01:07

« フリー走行2回目は本命ベッテル(レッドブル)が最速タイム | トップページ | フリー走行最速のベッテル(レッドブル)、「努力するだけ」 »