« レッドブル代表、「モンツァもリヤウィングでカバーできる」 | トップページ | ニキ・ラウダ氏、「ハミルトンにはレースへの知性が必要」 »

2011/09/06

セバスチャン・ベッテル、「イタリアGPは絶対勝ちたいレース」

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
目下のF1最強チーム、レッドブル・レーシングのエースとしてすでにこのチームで16勝を記録するセバスチャン・ベッテル(24歳:ドイツ)だが、次週行われるイタリアGPにはとりわけ強い勝利への意欲を隠していない。

「モンツァというのは数あるF1サーキットの中でもとりわけ難しいコースの一つだ。
何よりエンジンパワーが必要だし、マシンには高い完成度、そして何よりドライバー自身にも優れた戦略とドライビング能力がここには求められるからね。
そしてここは最もF1らしい伝統のグランプリ。
今度はぜひともこのレッドブルのマシンで勝ちたいと思っているよ」

ベッテルにとって記念すべきF1初勝利は、このモンツァ。(2008年)
しかし当時のチームはトロ・ロッソ、レースも雨で大荒れになったものだった。
レッドブルに移籍してからモンツァでの勝利はまだない。

|

« レッドブル代表、「モンツァもリヤウィングでカバーできる」 | トップページ | ニキ・ラウダ氏、「ハミルトンにはレースへの知性が必要」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52651952

この記事へのトラックバック一覧です: セバスチャン・ベッテル、「イタリアGPは絶対勝ちたいレース」:

» モンツァは絶対にアロンソに勝利してもらいたい [予定は未定であって決定ではない]
やー、高速サーキットでフェラーリの聖地モンツァまでフェッテルに持って行かれちゃったら、それこそティフォシが暴動起こすわ! ここは、絶対にアロンソに勝ってもらわないとなぁ。 [続きを読む]

受信: 2011/09/06 19:00

« レッドブル代表、「モンツァもリヤウィングでカバーできる」 | トップページ | ニキ・ラウダ氏、「ハミルトンにはレースへの知性が必要」 »