« HRT、ナレイン・カーティケヤンの復帰を正式発表 | トップページ | 過去最多7000席「日本GP・小林可夢偉応援席」完売! »

2011/09/18

ピレリ、日本GPのタイヤ選択では慎重姿勢

Pirell Tyre Colloring (C)Pirelli Motorsport
拡大します

ピレリタイヤが、第15戦日本GPと第16戦韓国GP2戦のタイヤスペックを発表した。
両者ともに専用サーキットで行われるが、韓国についてはスーパーソフトとソフトを持ち込むものの、グリップ力が高く、130Rのような高速コーナーがある鈴鹿サーキットについてはタイヤの負担を考慮してソフトとミディアムという慎重なタイヤ選択をした。

Rd. グランプリ Sソフト ソフト ミディアム ハード
第15戦 日本GP    
第16戦 韓国GP    

|

« HRT、ナレイン・カーティケヤンの復帰を正式発表 | トップページ | 過去最多7000席「日本GP・小林可夢偉応援席」完売! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52760425

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ、日本GPのタイヤ選択では慎重姿勢:

» 日本GPと韓国GPのタイヤスペック [MotorSports]
日本GPと韓国GP用タイヤスペック 第15戦 日本GP ソフト、ミディアム 第16戦 韓国GP Sソフト、ソフト 日本GPでミディアム投入は、高速コーナーがあることが理由だが、ミディアムのグリップレベルはどうか? 「われわれが所有しているすべてのデータを部注意深く分析した結果、それぞれのサーキット特性に対して最も適すると思われるタイヤを選んだ。鈴鹿ではGTやモーターバイクで戦った経験を持つが、韓国については多くの人々がまだ学習している段階だ。われわれはシミュレーション技術の恩恵を受け、過去に戦ったこ... [続きを読む]

受信: 2011/09/22 20:04

« HRT、ナレイン・カーティケヤンの復帰を正式発表 | トップページ | 過去最多7000席「日本GP・小林可夢偉応援席」完売! »