« イタリアGPのドライバー出身枠審査委員はデレック・デイリー | トップページ | 2011年 イタリアGP:ピレリ、PZeroミディアムとソフトでホームに臨む »

2011/09/07

今度はタイがF1グランプリ開催に向け動き出す

Mark Webber (C)Redbull Racing
拡大します
今年はインドでも新たにニューデリーでインドGPを開催するなど、アジア各国の進出が目覚ましいF1だが、今度はタイ(タイ王国)が開催に向け動き出していることがわかった。

これは首都バンコクの『バンコク・ポスト』紙が報じたもので、それによれば同国の公式プロモーション・オーガナイザーである『タイ・コンベンション&エキジビション事務局』が準備を進めているとのこと。
ただF1クラスのサーキット建設には巨額の費用が掛かるため、市街地特設コース案が有力であるとみられる。

バンコクでは以前レッドブルのマーク・ウェバーがプーミポン国王の誕生日(12月5日)を祝してF1デモンストレーションランを行い、1万人もの観衆を集めている。

|

« イタリアGPのドライバー出身枠審査委員はデレック・デイリー | トップページ | 2011年 イタリアGP:ピレリ、PZeroミディアムとソフトでホームに臨む »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今度はタイがF1グランプリ開催に向け動き出す:

» アジア圏はもういいんじゃないか? [予定は未定であって決定ではない]
日本に中国、韓国、シンガポール、マレーシア、そしてインド。いつの間にかアジア圏で7戦も行われるようになっていたんだね。そこに加えて、タイで開催? んー、流石に多すぎるんじゃないかなアジア圏での開催数が。... [続きを読む]

受信: 2011/09/08 08:00

« イタリアGPのドライバー出身枠審査委員はデレック・デイリー | トップページ | 2011年 イタリアGP:ピレリ、PZeroミディアムとソフトでホームに臨む »