« フジテレビ、本日深夜「小林可夢偉特集」を放映へ | トップページ | ルノー・チーム代表、「ハイドフェルド問題、いい解決した」 »

2011/09/05

A.スーティル(フォース・インディア)、「移籍より残留優先」

Nico Hulkenberg (C)Force India F1
拡大します
2007年に当時のスパイカーF1からF1デビュー、その後名称はフォース・インディアへと名前が変わったがずっと同じチームで走り続けてきたエイドリアン・スーティル(28歳:ドイツ)は、やはり残留を最優先に考えているようだ。

そう報じたのは地元ドイツの『アウト・ビルト・モータースポルト』誌で、チームもスーティルの開発・ドライビング能力を高く評価するいっぽうでスーティルの側もチームの雰囲気に満足していて、まずは残留の方向で交渉が継続されるだろうとしている。

また注目のチームメイトについては、現在のポール・ディ・レスタ(25歳:イギリス)も健闘しているものの昨年ウィリアムズで活躍をみせたニコ・ヒュルケンバーグ(24歳:ドイツ)の昇格(現在は第3ドライバー)が有力になっているとのことだ。

|

« フジテレビ、本日深夜「小林可夢偉特集」を放映へ | トップページ | ルノー・チーム代表、「ハイドフェルド問題、いい解決した」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52651267

この記事へのトラックバック一覧です: A.スーティル(フォース・インディア)、「移籍より残留優先」:

« フジテレビ、本日深夜「小林可夢偉特集」を放映へ | トップページ | ルノー・チーム代表、「ハイドフェルド問題、いい解決した」 »