« 小林可夢偉(ザウバー)、「日本GPは日本の復興に有益なこと」 | トップページ | フェラーリ、シンガポールGPで来季ウィング試していた »

2011/09/28

2位フィニッシュのバトン(マクラーレン)、「体調不良だった」

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
激戦のシンガポールGPで2位フィニッシュしたマクラーレン・チームのジェンソン・バトンだが、実は体調不良のなか決勝レースを戦っていたことを英『PAスポーツ』に明かした。

「レース当日は朝から調子が悪かったんだ。
脱水症状になってしまい、普段より1.5キロは体重が減っていたと思う。
でもレースでは相当な体力が必要だから、薬を飲んで、炭水化物のパスタを無理矢理胃袋に押し込んだんだよ。
さらにレース前にはチームドクターからスペシャルドリンクを用意してもらい、それで2時間戦ったんだ」

そう語るバトンはこれでハンガリーGPの優勝以来4戦連続となる表彰台ゲット。
チームメイトであるハミルトンのランキング5位に対し、堂々の2位に君臨している。

|

« 小林可夢偉(ザウバー)、「日本GPは日本の復興に有益なこと」 | トップページ | フェラーリ、シンガポールGPで来季ウィング試していた »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52850286

この記事へのトラックバック一覧です: 2位フィニッシュのバトン(マクラーレン)、「体調不良だった」:

» バトン体調不良だったのね [予定は未定であって決定ではない]
 ええー、そんな体調不良の中、蒸し暑いコンディションで戦っていたのか、しかも2位。本当にF1ドライバーのタフさには驚かされるわ。 [続きを読む]

受信: 2011/09/28 12:00

« 小林可夢偉(ザウバー)、「日本GPは日本の復興に有益なこと」 | トップページ | フェラーリ、シンガポールGPで来季ウィング試していた »