« クビサの担当医師、年内のF1ドライブを保証も | トップページ | ウィリアムズ、ライコネン起用の検討は本気 »

2011/09/30

レッドブル・オーナー、2チーム体制維持を示唆

D.Mateschitz & S.Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
レッドブル・レーシング、そしてスクーデリア・トロ・ロッソと実質的に2チームを擁するレッドブル・グループの総帥ディートリッヒ・マテシス/オーナーは、今後もこの体制を維持していく意向であることを示唆した。

モーターレーシング界においても多くの分野で君臨するレッドブルは、他にもラリーやツーリングカー、そしてアメリカで人気のNASCARシリーズ等でも活躍するが、突出してコストの掛かるF1についてはトロ・ロッソのほうを売却するのではないか、との噂が流れていた。
しかし今回のオーナーの発言で、少なくとも近い将来にトロ・ロッソが身売りされる可能性は低くなったようだ。
ワークスチームでないにも関わらず、レッドブル・レーシングはすでに今季のチャンピオン獲得を目前にしている。

|

« クビサの担当医師、年内のF1ドライブを保証も | トップページ | ウィリアムズ、ライコネン起用の検討は本気 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52869097

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル・オーナー、2チーム体制維持を示唆:

« クビサの担当医師、年内のF1ドライブを保証も | トップページ | ウィリアムズ、ライコネン起用の検討は本気 »