« シンガポールGPフリー走行1回目はトラブル続出 | トップページ | シンガポールGP、露呈した公道コースの劣化 »

2011/09/24

フリー走行2回目は本命ベッテル(レッドブル)が最速タイム

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
23日(金)、シンガポールの陽もすっかり落ちた現地時間21時30分、フリー走行2回目セッションが行われた。
1回目のセッションで問題となった縁石は撤去されている。

14コーナーでウォール間際に止まったバトン(マクラーレン)は、リバースギヤが作動せずストップ、一時イエローコーションとなった。
ッション後半にはブエミ(トロ・ロッソ)がウォールにヒット、再びイエローコーションとなった。

結局ベストタイムを記録したのはオブションタイヤを装着した本命のベッテル(レッドブル)で、1'46.374。
これに0.201秒差でアロンソ(フェラーリ)、さらにハミルトン(マクラーレン)、マッサ(フェラーリ)、ウェバー(レッドブル)とバトン以外の3強チームが1秒以内にひしめいた。

6番手はシューマッハ(メルセデスGP)だが、ここからはベッテルから丸2秒以上の大差。
7番手スーティル(フォース・インディア)、8-9番手にペレス&小林可夢偉のザウバー勢、10番手にバトンがつけた。

このセッションでの107%タイムは1'54.141で、22-24番手のダンブロジオ(ヴァージン)、リカルド(HRT)、そしてリウッツィ(HRT)の3人がオーバーした。

シンガポールGP:フリー走行2回目の結果はこちら
シンガポールGP画像はこちら

|

« シンガポールGPフリー走行1回目はトラブル続出 | トップページ | シンガポールGP、露呈した公道コースの劣化 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52814553

この記事へのトラックバック一覧です: フリー走行2回目は本命ベッテル(レッドブル)が最速タイム:

« シンガポールGPフリー走行1回目はトラブル続出 | トップページ | シンガポールGP、露呈した公道コースの劣化 »