« 「ダンブロジオ効果」? ベルギーGPのチケット販売好調 | トップページ | ピレリ、「今シーズンはもうハードタイヤの出番なし」 »

2011/08/14

マーク・ブランデル氏、英国の暴動を憂慮

Image
ロンドンで端を発した英国での暴動は、その後各地に飛び火するなど各界に深刻な影響を及ぼしているが、これについて元F1ドライバーで、同国のF1解説等も務めるマーク・ブランデル(45歳)が憂慮の念を表した。

「イギリスでこんなことが起きたなんてとても信じられない気持ちだよ。
ほんとうに正しい主張をするのなら、暴行や略奪などする筈がない。
そもそも顔を隠して騒動に加わるなんて、それは卑怯者のすることだよ」

暴動は英国の工業都市マンチェスターでも起きているが、ここでは今月末マクラーレン・チームがデモンストレーションランを行うなど3日間に渡るイベントが予定されている。

|

« 「ダンブロジオ効果」? ベルギーGPのチケット販売好調 | トップページ | ピレリ、「今シーズンはもうハードタイヤの出番なし」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーク・ブランデル氏、英国の暴動を憂慮:

« 「ダンブロジオ効果」? ベルギーGPのチケット販売好調 | トップページ | ピレリ、「今シーズンはもうハードタイヤの出番なし」 »