« 優勝のバトン(マクラーレン)、「チーム全員に感謝したい」 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、チームのタイヤ戦略に疑問符 »

2011/08/01

レッドブル首脳、バトン優勝に本心は安堵?

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
これまでの圧倒的な勢いがここに来て急速に失われつつある感があったレッドブル・レーシングだが、今回のハンガリーGPでは辛くもベッテルが表彰台を取り戻し、一息ついたようだ。

同チームのクリスチャン・ホーナー代表は今回のレースについて「これだけ目まぐるしくコンディションの変化するレースで勝利するのは、まるでギャンブルに勝つようなものだ。
われわれはこの結果(ベッテル2位、ウェバー5位)に満足しているし、またこの記念すべきレースでバトンが勝ったことに喜んでいるよ。
彼こそ今日のウィナーにふさわしかったんだ」と、ライバルを讃えた。

ただその裏側には、目下チャンピオンシップ・ポイントでベッテル&ウェバーに迫るハミルトン(マクラーレン)でも、またアロンソ(フェラーリ)でもなくランキング5位に過ぎないバトンが優勝したことに安堵しているというのがレッドブル代表としての本音だろう。

|

« 優勝のバトン(マクラーレン)、「チーム全員に感謝したい」 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、チームのタイヤ戦略に疑問符 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル首脳、バトン優勝に本心は安堵?:

» アロンソの表情を見れば、一目瞭然 [予定は未定であって決定ではない]
そりゃもう、レース後のアロンソの表情を見ていれば一目瞭然。とりあえず、ハミルトンとアロンソの前でゴールしてれば安泰なわけです、勝たなくてもいいんですよフェッテルは。 [続きを読む]

受信: 2011/08/01 17:00

« 優勝のバトン(マクラーレン)、「チーム全員に感謝したい」 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、チームのタイヤ戦略に疑問符 »