« フランスGPとベルギーGPの交互開催が実現の方向へ | トップページ | 接触事故のセナ(ルノー)、判断ミス認める »

2011/08/30

バトン(マクラーレン)、マンチェスターの公道でデモラン

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
ベルギーGPでは予選13番手というグリッドながら、みごとに決勝レースで表彰台を獲得してみせたマクラーレン・チームのジェンソン・バトンが、翌29日(月)早くも母国のマンチェスターに戻り、ディーンズゲート地区に設けられた公道特設コースでデモンストレーションランを行った。

デモに使われた『MP4-23』(現行マシンはMP4-26)のコクピットから降りたバトンは、「素晴らしい観客の前でとても楽しいドライビングができたよ」と、笑顔をみせた。

|

« フランスGPとベルギーGPの交互開催が実現の方向へ | トップページ | 接触事故のセナ(ルノー)、判断ミス認める »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52602365

この記事へのトラックバック一覧です: バトン(マクラーレン)、マンチェスターの公道でデモラン:

« フランスGPとベルギーGPの交互開催が実現の方向へ | トップページ | 接触事故のセナ(ルノー)、判断ミス認める »