« バトン(マクラーレン)、マンチェスターの公道でデモラン | トップページ | ロバート・クビサ(ルノー)、復帰の決め手はトヨタの機材 »

2011/08/31

接触事故のセナ(ルノー)、判断ミス認める

Bruno Senna (C)Renault F1 UK
拡大します
今回のベルギーGPで、ベテランのニック・ハイドフェルドに代わって起用されたルノー・チームから起用されたブルーノ・セナだったが、オープニングラップの1コーナーでアルグエルスアリ(トロ・ロッソ)のマシンに突っ込み、接触事故を起こしてしまった。

これについてセナは、「もう11レースも実戦から離れていたし、フルタンクでのブレーキングでの挙動を見誤ってしまったんだ。
僕は止まれると思っていたけれど、実際には判断ミスだった。
アルグエルスアリには悪いことをした」と、語っている。

このアクシデントで緊急ピットインを余儀なくされたセナは、このレース自身最高位となる7番スタートだったものの結局13位でのゴールに留まった。

|

« バトン(マクラーレン)、マンチェスターの公道でデモラン | トップページ | ロバート・クビサ(ルノー)、復帰の決め手はトヨタの機材 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52610036

この記事へのトラックバック一覧です: 接触事故のセナ(ルノー)、判断ミス認める:

» 判断ミスというか、ドライビングミスだよなぁ [予定は未定であって決定ではない]
アルゲルスアリファンとしては、「何てことやってくれたんだい!」感で満載じゃ!! [続きを読む]

受信: 2011/08/31 09:00

« バトン(マクラーレン)、マンチェスターの公道でデモラン | トップページ | ロバート・クビサ(ルノー)、復帰の決め手はトヨタの機材 »