« 『アリアンツ』、今年の韓国GPのタイトル・スポンサーに | トップページ | コスワース・エンジン、再びF1撤退の危機? »

2011/08/16

エクレストン氏、プレミアリーグの株売却へ

Bernie Ecclestone (C)RedBull Racing
拡大します
FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)を通じてF1に大きな影響力を持つバーニー・エクレストン氏だが、その一方でこれまた多額の投資をしていた『クイーンズ・パーク・レンジャーズ』について、このほどその保有株を売却する意向であることがわかった。

『クイーンズ・パーク・レンジャーズ』はイングランド・プレミアリーグの名門で、エクレストン氏は元々共に投資したフラビオ・ブリアトーレ氏(元ルノー・チーム代表)の株も現在は保有しているが、英『フィナンシャル・タイムズ』によればその51%をチーム・ロータス代表のトニー・フェルナンデス氏に売却するのだという。

同チームでは、鉄鋼大手のミタルが大きな影響力を持っているとされる。

|

« 『アリアンツ』、今年の韓国GPのタイトル・スポンサーに | トップページ | コスワース・エンジン、再びF1撤退の危機? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52486919

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、プレミアリーグの株売却へ:

« 『アリアンツ』、今年の韓国GPのタイトル・スポンサーに | トップページ | コスワース・エンジン、再びF1撤退の危機? »