« ベルギーGPはフリー走行2回目も「スパ・ウェザー」 | トップページ | シューマッハ(メルセデスGP)、「20周年は特別な感慨」 »

2011/08/27

ハイドフェルド(ルノー)、セナの活躍次第でまだ望み

Bruno Senna (C)Lotus Renault GP
拡大します
ロータス・ルノーGP(前ルノー・チーム)では開幕からここまでクビサの代役としてニック・ハイドフェルドを起用してきたが、すでに伝えられた通り今回のベルギーGPではリザーブドライバーであるブルーノ・セナにそのシートを明け渡している。

この状態について当のハイドフェルドは、契約違反としてチーム側と徹底的に争う意向のようだ。
噂では、セナが走ることが確定しているのはまだ次のイタリアGPまでの2戦で、その後は復帰の可能性も残されているという。

いずれにせよ、そのカギを握るのはこの2戦でのセナのパフォーマンスに掛かっているとみられる。
そのセナは1回目23番手(同僚ペトロフは22番手)、2回目は17番手(同24番手)と上昇機運にあるが、最も怖れていたクラッシュを1回目に演じてしまい、雰囲気は緊張したものとなっている。

|

« ベルギーGPはフリー走行2回目も「スパ・ウェザー」 | トップページ | シューマッハ(メルセデスGP)、「20周年は特別な感慨」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52576711

この記事へのトラックバック一覧です: ハイドフェルド(ルノー)、セナの活躍次第でまだ望み:

« ベルギーGPはフリー走行2回目も「スパ・ウェザー」 | トップページ | シューマッハ(メルセデスGP)、「20周年は特別な感慨」 »