« 新しいアメリカGP候補地にニューヨークが浮上 | トップページ | ハイドフェルド(ルノー)の火災原因、ナットを確認 »

2011/08/04

クビサ(ロータス・ルノーGP)、右手の機能回復

Robert Kubica (C)Lotus Renault GP
拡大します
今シーズン開幕前に参戦したラリーでのアクシデントで重傷を負い、目下復帰に向けてのリハビリテーションが続いているロータス・ルノーGP(前ルノー・チーム)のロバート・クビサ(26歳:ポーランド)について、右手の機能がほぼ回復したとドイツの『ヴェルト』紙が報じている。

それによればクビサの負傷は伝えられていたよりも深刻だった模様で、一時医師団は右腕切断の検討まで行っていたという。
幸い現在は、まだ中指に障害が残るもののほぼ通常の状態まで回復しているということだ。

肝心の復帰の時期を巡ってはまだ流動的で、チーム側とクビサのマネージャーであるダニエーレ・モレッリ氏との間で調整がついていないという。

|

« 新しいアメリカGP候補地にニューヨークが浮上 | トップページ | ハイドフェルド(ルノー)の火災原因、ナットを確認 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52386339

この記事へのトラックバック一覧です: クビサ(ロータス・ルノーGP)、右手の機能回復:

» 凄いぞ、クビサ! [予定は未定であって決定ではない]
 ええっ、切断寸前だったのに右手の機能がほぼ回復したって、、、凄いぞクビサ! 治療した医療チームもすげーーー! [続きを読む]

受信: 2011/08/04 23:42

« 新しいアメリカGP候補地にニューヨークが浮上 | トップページ | ハイドフェルド(ルノー)の火災原因、ナットを確認 »