« エクレストン氏、プレミアリーグの株売却へ | トップページ | ウィリアムズ、資金不足もバリチェッロに不利か »

2011/08/17

コスワース・エンジン、再びF1撤退の危機?

Cosworth Factory (C)Cosworth Engineering
拡大します
かつてF1を席巻した名門レーシングエンジン・メーカーであるコスワースだが、再びF1撤退の危機が迫っているようだ。

2009年、ヒスパニア(現HRT)、ヴァージン、そしてロータスらの新規参戦を促すべく、バーニー・エクレストン氏の肝煎りでF1復帰した形のコスワースだが、力不足のこれら3チームに過度の期待はできず、ひとえにウィリアムズ・チームの活躍に成果は掛かっていたと言える。
しかしロータスが昨年で、頼りのウィリアムズも今年限りでルノーへとスイッチ。
さらに2014年からの導入が決まった新しい「1.6リッターV型6気筒ターボ」の開発も考えると、撤退チームから違約金は支払われるとみられるが、それでも弱小2チームだけへの供給では資金不足は明らか。
2014年の開幕戦で、果たしてコスワース・エンジンを搭載したマシンがグリッドに並ぶのか注目だ。

|

« エクレストン氏、プレミアリーグの株売却へ | トップページ | ウィリアムズ、資金不足もバリチェッロに不利か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52494772

この記事へのトラックバック一覧です: コスワース・エンジン、再びF1撤退の危機?:

» [F1]コスワースは生き残れるのか [試行錯誤のすぱいらる]
現在3チームにエンジン供給を行っているコスワースですが、再び撤退のウワサが流れているようです。 2009年、ヒスパニア(現HRT)、ヴァージン、そしてロータスらの新規参戦を促すべく、バーニー・エクレストン氏の肝煎りでF1復帰した形のコスワースだが、力不足のこれら... [続きを読む]

受信: 2011/08/17 14:05

« エクレストン氏、プレミアリーグの株売却へ | トップページ | ウィリアムズ、資金不足もバリチェッロに不利か »