« 小林可夢偉(ザウバー)、オーバーテイク回数は第4位 | トップページ | ピレリ、「予選専用タイヤ」の復活を目論む »

2011/08/12

ルノー・エンジン首脳、「2014年規則でも音に心配ない」

Rob White (C)Renault F1 UK
拡大します
F1は2014年シーズンから大幅にエンジン規則を変更、現行の「2.4リッターV型8気筒」から「1.6リッターV型6気筒ターボ」になることが決まっているが、この変更でとりわけ憂慮されているのがエンジンのエクゾーストノートが貧弱になるのでは、ということだ。

しかしこれについて現在のチャンピオン・エンジンであるルノー・エンジンの開発責任者、ルノー・スポールのロブ・ホワイト/エンジン・ディレクターは、「音にも心配はない」との自信を『ESPN』の取材にみせている。

「もちろんエンジンの基本的構造のスペックが変わるんだからサウンドにいくらかの変化はあるだろう。
しかし多少質は変わっても、やがてまた新しいチャレンジングなF1サウンドにお目に掛かれる筈だよ、心配はない」

|

« 小林可夢偉(ザウバー)、オーバーテイク回数は第4位 | トップページ | ピレリ、「予選専用タイヤ」の復活を目論む »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52453853

この記事へのトラックバック一覧です: ルノー・エンジン首脳、「2014年規則でも音に心配ない」:

« 小林可夢偉(ザウバー)、オーバーテイク回数は第4位 | トップページ | ピレリ、「予選専用タイヤ」の復活を目論む »