« ダニエル・リカルド、ヒスパニアからF1デビュー決定 | トップページ | 新規定の1.6リッターV型6気筒エンジンは結局15,000回転に »

2011/07/01

マクラーレンvsニキ・ラウダ、バトル勃発

McLaren Motorhome (C)McLaren Group
拡大します

1971年にマクラーレン・チームからF1デビュー、1984年にはそのマクラーレンで自身3度目となるチャンピオン獲得を果たしたニキ・ラウダ氏(62歳:オーストリア)だが、いま両者の関係は最悪なものになっている。

現在ドイツの『RTLテレビ』でテレビコメンテーターを務めるラウダ氏は、カナダGP後に同チームのハミルトンを酷評。
「ハミルトンは完全に狂っている。このままでは被害者が出かねない」と、刺激的な言葉でそのアグレッシブなドライビングを非難した。

これに対抗し、チームはラウダ氏に対し向こう3戦、ハミルトンへのインタビューを拒否すること(モーターホームへの出入り禁止)を決めたという。
テレビコメンテーターとして、インタビューができないというのはかなりのダメージと言えそうだ。

|

« ダニエル・リカルド、ヒスパニアからF1デビュー決定 | トップページ | 新規定の1.6リッターV型6気筒エンジンは結局15,000回転に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52090018

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレンvsニキ・ラウダ、バトル勃発:

« ダニエル・リカルド、ヒスパニアからF1デビュー決定 | トップページ | 新規定の1.6リッターV型6気筒エンジンは結局15,000回転に »