« 予選Q1、ペレス(ザウバー)突破も小林可夢偉は脱落 | トップページ | ウェバー(レッドブル)、2戦連続のポールポジション獲得 »

2011/07/23

予選Q2、ハミルトン(マクラーレン)がトップタイム

予選Q2はマクラーレンのハミルトンが1'30.998のトップタイムを記録。
これにベッテル(レッドブル)が0.019秒差で続いた。
3番手はアロンソ(フェラーリ)、4番手ウェバー(レッドブル)、5番手ロズベルグ(メルセデスGP)、7番手バトン(マクラーレン)、8番手マッサ(フェラーリ)、9番手ペトロフ(ルノー)、そして10番手にシューマッハ(メルセデスGP)という10台がQ3進出を決めた。

ここで脱落したのはハイドフェルド(ルノー)、ディ・レスタ(フォース・インディア)、マルドナド&バリチェッロのウィリアムズ勢、ペレス(ザウバー)、そしてブエミ&アルグエルスアリのトロ・ロッソ勢7台ということになった。

|

« 予選Q1、ペレス(ザウバー)突破も小林可夢偉は脱落 | トップページ | ウェバー(レッドブル)、2戦連続のポールポジション獲得 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q2、ハミルトン(マクラーレン)がトップタイム:

« 予選Q1、ペレス(ザウバー)突破も小林可夢偉は脱落 | トップページ | ウェバー(レッドブル)、2戦連続のポールポジション獲得 »