« ギヤボックス交換のリウッツィ(HRT)は23番手スタートか | トップページ | トロ・ロッソ、「燃料システム交換が違反の原因」 »

2011/07/24

Q1敗退・小林可夢偉(ザウバー)、「落胆している」

小林 可夢偉 (C)Sauber Motorsport
拡大します
今シーズンここまでの10戦で、実質初めての予選Q1敗退を喫したザウバー・チームの小林可夢偉は、次のようにその無念さを明らかにした。
(トルコGPの時はマシントラブルでノータイムだった)

「今回は最初から厳しい週末だったけど、予選Q1敗退という事実にはもちろん深く落胆している。
アタックラップではトラフィックに見舞われたこともあるけれど、それ以前に僕たちのマシンはここでグリップが不足していたからね。
唯一、前向きなことといえば、(Q2に進めなかったことで)新品のオブションタイヤ(ソフト)を2セット温存できたこと?」
とはいえ、決勝レースが雨になればドライタイヤでのメリットは失われてしまう。

テクニカル・ディレクターのジェームズ・キー氏は、「フリー走行を終えた時点でここでの予選が厳しいものになることは予想されていた。
さらに可夢偉の最後のアタックはトラフィックに見舞われたことになり、残念な結果になってしまった」と説明した。

|

« ギヤボックス交換のリウッツィ(HRT)は23番手スタートか | トップページ | トロ・ロッソ、「燃料システム交換が違反の原因」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Q1敗退・小林可夢偉(ザウバー)、「落胆している」:

» 可夢偉、決勝レースでの巻き返しなるか [予定は未定であって決定ではない]
 予選Q1で17番手のアルゲルスアリとは0.128秒差。その差で、Q2進出を逃してしまった可夢偉。トロロッソのブエミが燃料違反で1つポジションを上げているとはいえ、ポイント圏内は遠いなぁ。... [続きを読む]

受信: 2011/07/24 18:44

« ギヤボックス交換のリウッツィ(HRT)は23番手スタートか | トップページ | トロ・ロッソ、「燃料システム交換が違反の原因」 »