« Q1敗退・小林可夢偉(ザウバー)、「落胆している」 | トップページ | 佐藤琢磨、エドモントンで今季2度目となるポールポジション »

2011/07/24

トロ・ロッソ、「燃料システム交換が違反の原因」

Sebastien Buemi (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
セバスチャン・ブエミのマシンが燃料規定反に問われて予選タイム剥奪の処分を受けたスクーデリア・トロ・ロッソでは、「原因は燃料システム交換によるもの」との解析結果を明らかにした。

それによればブエミのマシンは金曜日のフリー走行の際、フューエル・プレッシャーにトラブルが出たためセッション終了後に燃料システムをすべて交換したとのこと。
その際の作業が内部の燃料を汚染し、何らかの化学変化をおこしてしまったのではないか、ということだ。

FIA(国際自動車連盟)ではあらかじめ各チームからグランプリ前に燃料の提出を受けていて、予選後に検査した結果と照らし合わせたところ今回の違反が発覚したもの。
同じ燃料やシステムを使っている筈のチームメイト、アルグエルスアリのほうに問題がなかった事実はこの説明を裏付けるものだ。

|

« Q1敗退・小林可夢偉(ザウバー)、「落胆している」 | トップページ | 佐藤琢磨、エドモントンで今季2度目となるポールポジション »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52291689

この記事へのトラックバック一覧です: トロ・ロッソ、「燃料システム交換が違反の原因」:

» 燃料違反?ブエミのマシンに何が? [予定は未定であって決定ではない]
 えー、燃料違反って、、、アルゲルスアリが同じ違反になってないから、当然だけど故意では無いよね。最後尾スタートは痛いなぁ、新興チームを抜くためにかなりのロスがあるだろうからなぁ。まぁ、思い切った戦略が立てられるだろうけど。... [続きを読む]

受信: 2011/07/24 11:32

» ブエミは燃料違反で予選抹消に [MotorSports]
ドイツGP終了後にブエミが燃料違反により予選抹消されてしまったようだ 原因はフリー走行で発生した フューエル・プレッシャーにトラブルが出たためセッション終了後に燃料システムをすべて交換 この交換の際にどうやら内部の燃料に影響を及ぼしてしまったとのことで レースウイーク前に提出していたものと採取されたサンプルが一致しなかったとされ テクニカルレギュレーション第19条8項3の不履行により 予選抹消されてしまったとのことだ もったいない...... [続きを読む]

受信: 2011/07/24 13:33

« Q1敗退・小林可夢偉(ザウバー)、「落胆している」 | トップページ | 佐藤琢磨、エドモントンで今季2度目となるポールポジション »