« クラッシュの小林可夢偉(ザウバー)、「メカニックに感謝」 | トップページ | 渦中のハミルトン(マクラーレン)、「外野の意見に耳貸さない」 »

2011/07/09

ハミルトン&ウェバー、セッション終了後呼び出される

Lewis Hamilton (C)McLaren Group
拡大します
イギリスGPのフリー走行初日のセッション終了後、マクラーレン・チームのルイス・ハミルトンとレッドブル・レーシングのマーク・ウェバーがそれぞれFIA(国際自動車連盟)のレーススチュワード(競技審査委員)に呼び出され、事情聴取を受けたことがわかった。

理由については公表されていないが、マクラーレン・チームの関係者によれば「ウェット宣言でDRS(可変リヤウィング)が使えないにも関わらずこれを使用したためではないか」ということだ。
ただいずれもその後処分を受けたというニュースは聞かれていない。

なお前戦のヨーロッパGPではDRS使用区間が2か所だったのに対し、今回のイギリスGPでは4コーナーから6コーナーまでのウェリントン・ストレート1か所のみとなっている。

|

« クラッシュの小林可夢偉(ザウバー)、「メカニックに感謝」 | トップページ | 渦中のハミルトン(マクラーレン)、「外野の意見に耳貸さない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52157558

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン&ウェバー、セッション終了後呼び出される:

« クラッシュの小林可夢偉(ザウバー)、「メカニックに感謝」 | トップページ | 渦中のハミルトン(マクラーレン)、「外野の意見に耳貸さない」 »