« イギリスGPポールはウェバー、小林可夢偉ベストの8位 | トップページ | 自身最高8番グリッド獲得の小林可夢偉、「チームに感謝」 »

2011/07/10

ブロウン・ディフューザーの猶予措置で現場混乱

Renault F1 Engine (C)Renault F1 UK
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は今回のイギリスGPから、いわゆるブロウン・ディフューザーの実質禁止措置(スロットルオフ時に10%まで)を通達しているが、厳密に対処するとエンジンに深刻な悪影響があるとのことから、複数のエンジンが猶予措置を申告したとされている。

これについてFIAは、木曜日の段階で深刻を受けた分についてまで認めるとした模様で、それ以降のものについては土曜日になってから取り消していてこれがチームにより不満を生じさせているようだ。
(とりわけルノー・エンジンを搭載するレッドブル・レーシングやロータス・ルノーGP(前ルノー・チーム)

これに対処するため、日曜日の決勝レース前に再びFIAと各チームとが緊急会議を行う予定という。

|

« イギリスGPポールはウェバー、小林可夢偉ベストの8位 | トップページ | 自身最高8番グリッド獲得の小林可夢偉、「チームに感謝」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52165736

この記事へのトラックバック一覧です: ブロウン・ディフューザーの猶予措置で現場混乱:

« イギリスGPポールはウェバー、小林可夢偉ベストの8位 | トップページ | 自身最高8番グリッド獲得の小林可夢偉、「チームに感謝」 »