« フリー走行2回目はウェバー(レッドブル)トップタイム | トップページ | ウェバー(レッドブル)、「チームとのわだかまりは氷解」 »

2011/07/23

小林可夢偉(ザウバー)、「とにかくグリップがない」

小林 可夢偉 (C)Sauber Motorsport
拡大します
ドイツGP初日フリー走行を午前19番手、午後16番手で終えたザウバー・チームの小林可夢偉は、マシンにグリップが足りないことを訴えた。

「一応予定したプログラムを消化することはできたんだけど、とにかくマシンにグリップがなくて悪戦苦闘している。
理由もまだ明確にわかっていないのがつらい。
とにかく明日はもっと上のポジションにいけるよう頑張るしかないね」

またテクニカル・ディレクターのジェームズ・キー氏も、「今日は午前のセッションでは新しいエアロダイナミックス・アイテムのテストを行い、午後のセッションではタイヤの評価を中心に行った。
ロングランを中心に、全体として悪くはなかったが気温が低い時でももっとグリップを上げる必要がある」と、語っている。

|

« フリー走行2回目はウェバー(レッドブル)トップタイム | トップページ | ウェバー(レッドブル)、「チームとのわだかまりは氷解」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52281930

この記事へのトラックバック一覧です: 小林可夢偉(ザウバー)、「とにかくグリップがない」:

» http://ymkx.net/2/2011/07/_fmotorsports_f1_gp1916_121561.html [予定は未定であって決定ではない]
 初日、順位というかタイムだけを見ているとなかなか厳しそうだね、、、。グリップが足りないのは、ザウバーだけじゃなくて他のチームも同じだろうけどね。 [続きを読む]

受信: 2011/07/23 17:22

« フリー走行2回目はウェバー(レッドブル)トップタイム | トップページ | ウェバー(レッドブル)、「チームとのわだかまりは氷解」 »