« ウェバーが最速タイムを記録、試験型PZeroイエローがデビュー | トップページ | 予選Q1、ペレス(ザウバー)突破も小林可夢偉は脱落 »

2011/07/23

ドイツGPフリー走行3回目はレッドブル勢が席巻

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
公式予選を前に、ドイツGPフリー走行3回目セッションが23日(土)午前行われた。
相変わらずの厚い雲に覆われ、気温の上がらないニュルブルクリンクだがこのセッションも雨に見舞われることはなく終えた。

終盤になって各車オブションタイヤを装着しだすと大幅にタイムアップ。
最初にトップタイムをみせつけたのはフェラーリのアロンソで、1'31.138のタイムを記録すると早々にガレージに戻って着替えを済ませた。
しかしこれをレッドブルが次々と更新、最終的にトップに立ったのはベッテルでただ1人ベストタイムを1分30秒台に入れた。(1'30.916)

2番手はチームメイトのウェバーでベッテルとの差は0.133秒。
3番手アロンソ、4-5番手はマクラーレンのハミルトン&バトン、6番手ロズベルグ(メルセデスGP)、7番手マッサ(フェラーリ)、8番手スーティル(フォース・インディア)、9番手シューマッハ(メルセデスGP)、10番手はウィリアムズのマルドナドだった。
ルノー勢はペトロフ11番手、ハイドフェルド13番手。
ペレス&小林可夢偉のザウバー勢はそれぞれ15-16番手に留まった。
このセッションの『107%タイム』は1'37.280で、最後尾のリカルド(ヒスパニア)のみがこれを上回った。

ドイツGPフリー走行3回目の結果はこちら
ドイツGP画像はこちら

|

« ウェバーが最速タイムを記録、試験型PZeroイエローがデビュー | トップページ | 予選Q1、ペレス(ザウバー)突破も小林可夢偉は脱落 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツGPフリー走行3回目はレッドブル勢が席巻:

« ウェバーが最速タイムを記録、試験型PZeroイエローがデビュー | トップページ | 予選Q1、ペレス(ザウバー)突破も小林可夢偉は脱落 »