« ケン・ブロック(ピレリ)、トヨタのマシンに収まらず | トップページ | ウィリアムズ、オペレーション責任者にマーク・ジラン氏 »

2011/07/03

FIA(国際自動車連盟)、V6エンジンでもサウンドに自信あり

2014年シーズンからの導入が決まっている「1.6リッターV型6気筒エンジン」は、関係者による要望の18,000回転ではなく、結局15,000回転となることで結着をみたが、その大きな要素であった「サウンド」についてFIA(国際自動車連盟)は自信をみせている。

FIAは、「当初の予定だった12,000回転から15,000回転に引き上げたことにより、サウンドはかなり好転されるものと確信している。
新しいV6エンジンのサウンドは、新しいF1サウンドの象徴になる筈だよ」と、説明している。

Honda RA300 (C)Honda Racing
拡大します
これまでF1サウンドの象徴とされたフェラーリやホンダのものは、いずれも12気筒エンジンである上に20,000回転近い高回転であるというのが特徴だった。

|

« ケン・ブロック(ピレリ)、トヨタのマシンに収まらず | トップページ | ウィリアムズ、オペレーション責任者にマーク・ジラン氏 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52106967

この記事へのトラックバック一覧です: FIA(国際自動車連盟)、V6エンジンでもサウンドに自信あり:

« ケン・ブロック(ピレリ)、トヨタのマシンに収まらず | トップページ | ウィリアムズ、オペレーション責任者にマーク・ジラン氏 »