« 悔しい小林可夢偉(ザウバー)、「うまくいかなかった」 | トップページ | 今季初勝利のバトン(マクラーレン)、「勝てなくてもよかった」 »

2011/06/13

バトン(マクラーレン)の事故調査、処分はなし

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
カナダGPで劇的な勝利を飾ったマクラーレン・チームのジェンソン・バトンだが、唯一気掛かりだったレース後の「審議」も、同グランプリのレーススチュワード(競技審査委員)は処分の対象としないことを確認した。

これは44周目、バトルを演じていたフェラーリのアロンソとの接触について、レース後の審議対象とされていたもの。
アロンソのほうはこれによりリタイヤに追い込まれたが、スチュワードはこれを通常の「レーシング・インシデント(出来事)」と判断した模様。

|

« 悔しい小林可夢偉(ザウバー)、「うまくいかなかった」 | トップページ | 今季初勝利のバトン(マクラーレン)、「勝てなくてもよかった」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51932361

この記事へのトラックバック一覧です: バトン(マクラーレン)の事故調査、処分はなし:

« 悔しい小林可夢偉(ザウバー)、「うまくいかなかった」 | トップページ | 今季初勝利のバトン(マクラーレン)、「勝てなくてもよかった」 »