« フリー走行3回目ベッテル最速、デ・ラ・ロサがクラッシュ | トップページ | 予選Q2マッサ(フェラーリ)最速、ザウバー勢は脱落 »

2011/06/12

カナダGP予選Q1、アロンソ(フェラーリ)一人1分13秒台でトップ

カナダGPの公式予選がスタート。
心配された天候はまだ持っていて、ドライコンディション。

上位陣はまだプライムタイヤだが、中団以下はオブションタイヤでのアタック。
トップタイムを記録したのはただ一人1分13秒台のタイムをマークしたアロンソ(フェラーリ)。
これにベッテル(レッドブル)、マッサ(フェラーリ)、ハミルトン(マクラーレン)、バトン(マクラーレン)、ウェバー(レッドブル)、ペトロフ(ルノー)、ディ・レスタ(フォース・インディア)、ロズベルグ(メルセデスGP)、スーティル(フォース・インディア)の順。

シューマッハ(メルセデスGP)は11番手。
ザウバー・チームは小林可夢偉15番手、デ・ラ・ロサも17番手で通過。
ここで脱落したのはアルグエルスアリ(トロ・ロッソ)、トゥルーリ(ロータス)、コバライネン(ロータス)、リウッツィ(ヒスパニア)、グロック(ヴァージン)、カーティケヤン(ヒスパニア)、そしてダンブロジオ(ヴァージン)。
このうちダンブロジオは『107%ルール』をクリアしておらず、決勝レースへの出走はレーススチュワード(競技審査委員)の判断に委ねられることになった。

|

« フリー走行3回目ベッテル最速、デ・ラ・ロサがクラッシュ | トップページ | 予選Q2マッサ(フェラーリ)最速、ザウバー勢は脱落 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51919741

この記事へのトラックバック一覧です: カナダGP予選Q1、アロンソ(フェラーリ)一人1分13秒台でトップ:

« フリー走行3回目ベッテル最速、デ・ラ・ロサがクラッシュ | トップページ | 予選Q2マッサ(フェラーリ)最速、ザウバー勢は脱落 »