« ハミルトン(マクラーレン)、持ち前のアグレッシブさが足を引く? | トップページ | 不振だったロータス・ルノーGP、イギリスGPでの巻き返し図る »

2011/06/28

FIA(国際自動車連盟)の新エンジン規定案にGP主催者が反対

Australia GP Image (C)Ex.Brawn GP F1 Team
拡大します
2013年シーズンからの変更が予定されていたF1エンジンの規定案は、当初の予定からその導入を1年遅らせると共にエンジン自体も「1.6リッター直列4気筒」から「1.6リッターV型6気筒」へ変更されることになる方向だが、これにもプロモーター側(グランプリ主催者)が反対の意思をみせていることがわかった。

オーストラリアGPを主催するオーストラリアGP会社のロン・ウォーカー代表は、英『エキスプレス』紙の取材に対し、次のように語っている。

「われわれはF1プロモーターの共通認識として、新しいF1エンジンの規定になっても現行のものと同じ迫力があることをFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)と約束していた。
われわれはもっと高回転を期待している。
しかし示された新しい規則では、F1サウンドどころかブリキ缶が鳴っているような音しかイメージできない。
そんなものは決してF1ブランドと言えやしないだろう」と、吐き捨てている。

|

« ハミルトン(マクラーレン)、持ち前のアグレッシブさが足を引く? | トップページ | 不振だったロータス・ルノーGP、イギリスGPでの巻き返し図る »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52063759

この記事へのトラックバック一覧です: FIA(国際自動車連盟)の新エンジン規定案にGP主催者が反対:

» [F1]F1レースプロモーター、新エンジン規定は認められない [試行錯誤のすぱいらる]
チームとメーカーが同意した2014年にV6 1.6リッターターボへのスイッチする規約ですが、大半のF1レース・プロモーターが反対してるとのこと。 開催のボイコットも示唆してるとのこと。 中国GPと韓国GP以外のレースプロモーターらはいまだに不満を抱えている模様で、レ... [続きを読む]

受信: 2011/06/28 10:43

« ハミルトン(マクラーレン)、持ち前のアグレッシブさが足を引く? | トップページ | 不振だったロータス・ルノーGP、イギリスGPでの巻き返し図る »