« フェラーリ代表、イギリスGPに向け不気味な自信 | トップページ | ピレリ、ハンガリーGPまでの供給タイヤを発表 »

2011/06/30

FIA、2014年シーズンからの新エンジン規定を承認

FIA
29日(水)、FIA(国際自動車連盟)は先に示していた2014年シーズンからの新エンジン規定案について、今週行われたFAX投票により世界モータースポーツ評議会で承認されたことを発表した。

現行では「2.4リッターV型8気筒」で戦われているF1エンジンについて、当初の案では2013年シーズンから「1.6リッター直列4気筒ターボ」となっていたが、有力チームらの反発により,結局「1.6リッターV型6気筒ターボ」に、さらにその導入時期も1年遅らせて2014年からになったもの。

ただ、直列4気筒案では12,000までとされていた最高回転数については、サウンドの点からプロモーターらの抵抗があり今後高められることが予想される。
なお現行エンジンでは18,000回転までとなっている。

|

« フェラーリ代表、イギリスGPに向け不気味な自信 | トップページ | ピレリ、ハンガリーGPまでの供給タイヤを発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/52081723

この記事へのトラックバック一覧です: FIA、2014年シーズンからの新エンジン規定を承認:

» F1エンジン決着2014年から1.6L V6ターボ+KERSに正式決定 [[246]ログ]
これまで承認されていたF1エンジンの4気筒への移行がボツに、V6エンジン案FIAの承認が下りたみたいです。... [続きを読む]

受信: 2011/06/30 10:53

» F1エンジン決着2014年から1.6L V6ターボ+KERSに正式決定 [[246]ログ]
これまで承認されていたF1エンジンの4気筒への移行がボツに、V6エンジン案FIAの承認が下りたみたいです。... [続きを読む]

受信: 2011/06/30 11:08

» F1エンジン決着2014年から1.6L V6ターボ+KERSに正式決定 [[246]ログ]
これまで承認されていたF1エンジンの4気筒への移行がボツに、V6エンジン案FIAの承認が下りたみたいです。... [続きを読む]

受信: 2011/06/30 11:09

» [F1]2014年の1.6リッターV6エンジン導入が正式承認 [試行錯誤のすぱいらる]
2014年の1.6リッターV6エンジンの導入が正式決定となりました。 29日(水)、FIA(国際自動車連盟)は先に示していた2014年シーズンからの新エンジン規定案について、今週行われたFAX投票により世界モータースポーツ評議会で承認されたことを発表した。... [続きを読む]

受信: 2011/06/30 14:39

» 2014年F1エンジンは1.6リッターV型6気筒ターボへ [予定は未定であって決定ではない]
なんか、ごたごた揉めた上で直4からV6になった2014年からのF1エンジンですが、そのままFIAが承認したようです。これで、正式に1.6リッターV6ターボエンジンで2014年からF1は戦われることになります。... [続きを読む]

受信: 2011/06/30 19:00

» Formula 1,2014年から1.6リッターV6ターボエンジンが正式決定 [racing the wind]
FIAは2014年からのF1用新エンジンを現行の2.4リッターV型8気筒から1.6リッターV6ターボエンジンに変更する事を正式に決定。 2013年からの4気筒12,000回転への変更は多くのチーム側が反対していたのもあって6気筒ターボでなんとか妥協点を見つけたと。それでもエンジンサウンドがV6ターボだと今の高回転型NAエンジンとは大きく変化すると予想されてしょぼくならなければいいんだけど。 4気筒エンジンに決まりかけた時には一部の開催地から12,000回転リミットと併せてエンジン音がしょぼくなりそう... [続きを読む]

受信: 2011/06/30 23:48

« フェラーリ代表、イギリスGPに向け不気味な自信 | トップページ | ピレリ、ハンガリーGPまでの供給タイヤを発表 »