« 2011年修正F1カレンダー(6/03) | トップページ | 2012年暫定F1カレンダー(6/03) »

2011/06/04

2013年からのエンジン変更案、なおも先行き不透明

F1 Engine Image (C)BMW Motorsports
拡大します
FIA(国際自動車連盟)はすでに2013年シーズンから、現行の2.4リッターV型8気筒エンジンに変え、2013年からは1.6リッター直列4気筒エンジンとすることを明らかにしていて、今回の世界モータースポーツ評議会においてもそれが確認されたが、現実にはまだ先行きが不透明であるようだ。

エンジン規定の変更により、F1のコスト削減や新たなメーカーの参入が期待される一方、フェラーリなどは1.6リッター直列4気筒エンジンがモータースポーツ最高峰であるF1にはふさわしくないとして終始反対の姿勢を崩していない。

FIAは、こうしたテクニカル・レギュレーションについて最終決定を6月末まで延期し、なお実現の方向を模策している。

|

« 2011年修正F1カレンダー(6/03) | トップページ | 2012年暫定F1カレンダー(6/03) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51848755

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年からのエンジン変更案、なおも先行き不透明:

» [F1]FIA、2013年の技術規約を発表 [試行錯誤のすぱいらる]
FIAは2013年の技術規約を発表しました。 世界モータースポーツ評議会(WMSC)の会議が行われ、2013年のF1規約が承認されました。 2013年 F1規約 2010年12月に開催されたWMSCの決定を反映し、パワーユニットは4気筒1.6リッターとなり、最大500バールの高圧ガソリン噴射... [続きを読む]

受信: 2011/06/04 22:56

« 2011年修正F1カレンダー(6/03) | トップページ | 2012年暫定F1カレンダー(6/03) »