« ペレス(ザウバー)、体調不良でデ・ラ・ロサに交代 | トップページ | 出場辞退のペレス(ザウバー)、「大丈夫だと思ってた」 »

2011/06/11

赤旗続出のフリー2回目、小林可夢偉(ザウバー)クラッシュ

カナダGPフリー走行2回目セッションは、赤旗中断が続く波乱の展開。
しかしその原因を作った一人はザウバー・チームの小林可夢偉だった。

90分のセッションが残りほぼ30分ほどになった時、最初にクラッシュしたのは午前のヒュルケンバーグからマシンを取り戻したフォース・インディアのスーティル。
コースアウト側のウォールにマシンを接触させ、左側面を損傷させた。
続いて今度は最初のシケイン4コーナーで、1個目の縁石に乗り上げてマシンコントロールを失った小林可夢偉(ザウバー)が2個目のウォールにヒット、こちらは右側面を大破、ダメージはかなり大きかったがドライバーは無事。
セッションは赤旗中断となった。
10分ほどの中断を経て再開した直後、同じ場所で今度はヴァージン・レーシングのダンブロジオが同じようにクラッシュして再び赤旗中断。

Ferrari Duo (C)Ferrari S.p.A
拡大します
結局残り14分で再開、ここでトップタイムを記録したのはフェラーリのアロンソ(1'15.107)だった。
2番手にベッテル(レッドブル)、以下マッサ(フェラーリ)、ハミルトン&バトンのマクラーレン勢、ディ・レスタ(フォース・インディア)、ウェバー(レッドブル)、ペトロフ&ハイドフェルドのルノー勢、そして10番手はバリチェッロ(ウィリアムズ)だった。

別掲のように体調不良を訴えてマシンを降りたペレス(ザウバー)の代役として急きょ指名されたペドロ・デ・ラ・ロサは、しかし体格の違いもあってかマシンの準備に手間取り、やっとコースインしようとした時にチームメイトである小林可夢偉に起因した赤旗中断という皮肉な目に遭った。
それでも周回を重ねるごとにタイムを上げ、初めてのドライブながら全選手中最少となる14周で最後は18番手まで順位を上げてみせた。
(小林可夢偉は15番手)

カナダGPフリー走行2回目の結果はこちら
カナダGP画像はこちら

|

« ペレス(ザウバー)、体調不良でデ・ラ・ロサに交代 | トップページ | 出場辞退のペレス(ザウバー)、「大丈夫だと思ってた」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51910454

この記事へのトラックバック一覧です: 赤旗続出のフリー2回目、小林可夢偉(ザウバー)クラッシュ:

» FORMULA 1 GRAND PRIX DU CANADA 2011 Practice 2 [予定は未定であって決定ではない]
 で、カナダのフリー走行2回目。なんか、クラッシュが続出して不穏な展開。可夢偉もクラッシュしたそうだ。その他に、スーティル、ダンブロジオがクラッシュだぜ、大荒れカナダGP。 [続きを読む]

受信: 2011/06/11 07:00

» F1カナダGP FP2 [FASTEST LAP -F1を3倍楽しむブログ-]
F1カナダGP FP2 深夜のFP2観戦ですw まるでこれから鈴鹿へ出発か~~? といういつもの(?)時間です。 あれ、塩原アナ・・・立本アナの出番はもう終わり?w このセッションも晴れてます。 (ちなみに予選・決勝は雨の予報) ペレスのマシンに・・・デ・ラ・ロサ... [続きを読む]

受信: 2011/06/11 10:56

« ペレス(ザウバー)、体調不良でデ・ラ・ロサに交代 | トップページ | 出場辞退のペレス(ザウバー)、「大丈夫だと思ってた」 »