« ピレリ “ホーム”グランプリで新型ハードタイヤをテスト | トップページ | フェラーリ・チーム首脳、「違法テスト疑惑」を否定 »

2011/05/05

混迷ウィリアムズ・チーム、今度はチーム内抗争か

Adam Parr CEO (C)Williams F1
拡大します
今シーズン、不振を続けるウィリアムズ・チームでは、挽回を期して技術部門の大幅なリストラを発表したばかりだが、さらに上層部でも不協和音が伝えられている。

複数のメディアが報じたところでは、当初チームはアダム・パール代表の責任が追及されたものの、パール氏は契約を盾にこれを拒否したとのこと。
同氏は逆に現在エンジニアリング・ディレクターであるパトリック・ヘッド氏が今年中に引退することを示唆。
さらにヘッド氏が、先に行われたチーム株式のフランクフルト証券市場上場により、巨額の冨を手にしたとも言及した。

しかしこれに対しヘッド氏は、英『ガーディアン』紙でこれを否定。
「今回更迭が決まった二人は、いずれも働き過ぎの善人だ。
ほんとうに責任を取らなければならない人間は他にいる」と、名指しこそ避けたものの暗にパール氏を非難した。

|

« ピレリ “ホーム”グランプリで新型ハードタイヤをテスト | トップページ | フェラーリ・チーム首脳、「違法テスト疑惑」を否定 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51581813

この記事へのトラックバック一覧です: 混迷ウィリアムズ・チーム、今度はチーム内抗争か:

« ピレリ “ホーム”グランプリで新型ハードタイヤをテスト | トップページ | フェラーリ・チーム首脳、「違法テスト疑惑」を否定 »