« 小林可夢偉(ザウバー)、「グリップ不足が収まらない」 | トップページ | 「ロータス名称問題」、今日にも結着へ »

2011/05/27

フェラーリ・チームの「スパイ活動」が露呈?

Redbull/Pitstop (C)RedBull Racing
拡大します
今回のモナコGPから、レッドブル・レーシングはドライバーをピットストップに呼ぶなどの無線指示のシステムを変更することがわかった。
これはフェラーリ・チームによってレッドブル・レーシングの無線が傍聴されている疑いがあるため、という。

関係者によれば、かねてウェバー(レッドブル)とアロンソ(フェラーリ)のピットストップのタイミングが同じになることに疑問を持った同チームが、前戦スペインGP決勝レース中にダミーでウェバーにピットストップの指示を無線で伝え、クルーをピットロードに出したところ、アロンソが同じ周にピットインしてきたことが確認されたというもの。

同チームのクリスチャン・ホーナー代表は、「直ちにこれが違法であるとは言えないが、好ましいものではない。
われわれはピットストップの手順を変更してこんなことが再発しないように対策を施した」と、語っている。

|

« 小林可夢偉(ザウバー)、「グリップ不足が収まらない」 | トップページ | 「ロータス名称問題」、今日にも結着へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51779494

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ・チームの「スパイ活動」が露呈?:

« 小林可夢偉(ザウバー)、「グリップ不足が収まらない」 | トップページ | 「ロータス名称問題」、今日にも結着へ »