« 今季初ポールのウェバー(レッドブル)、「いいバトルだった」 | トップページ | タイヤ戦略がスペインGPのグリッドを左右する »

2011/05/22

キミ・ライコネンのNASCARデビュー戦は15位フィニッシュ

Toyota Tundra (C)Toyota Racing
拡大します
元F1チャンピオンで、現在はWRC(世界ラリー選手権)に参戦するキミ・ライコネン(31歳:フィンランド)が、キャリア初となるNASCAR戦にデビューした。
ライコネンが参戦したのはNASCARの下位シリーズにあたるNCWTS(キャンピングワールド・トラックシリーズ)のシャーロット戦。

トヨタ車を駆りデビュー戦を15位で完走したライコネンは、「もちろん周囲からはもっと上位の結果が望まれていたんだろうけれど、僕自身はレースで感じた手応えに十分満足しているよ。
まだまだ学習して進歩する余地はあるし、次の機会にはもっと良い結果が出せると思っているんだ」と、語っている。

NCWTSの次戦は6月4日(日)のカンザスシティ戦になるが、ライコネンが参戦するかは未定。

NCWTSシャーロット戦のレース結果はこちら

|

« 今季初ポールのウェバー(レッドブル)、「いいバトルだった」 | トップページ | タイヤ戦略がスペインGPのグリッドを左右する »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51736554

この記事へのトラックバック一覧です: キミ・ライコネンのNASCARデビュー戦は15位フィニッシュ:

« 今季初ポールのウェバー(レッドブル)、「いいバトルだった」 | トップページ | タイヤ戦略がスペインGPのグリッドを左右する »