« フェラーリ、アロンソと2016年末までの長期契約 | トップページ | ザウバー・チームに新スポンサー『マネー・サービス』 »

2011/05/20

オーバーテイク繚乱? 最長となるバルセロナDRSゾーン

Spain GP Image (C)Force India F1
拡大します
今シーズン採用された可変リヤウィング(DRS:ドラッグ・リダクション・システム)によりF1ではオーバーテイク・シーンが増えていて、その魅力が再評価されているが、今日から始まるスペインGP(バルセロナ・サーキット)では今季これまでで最長となる830mのDRS使用可能範囲の設定が決まり、さらなる期待を持たせている。

これまでバルセロナではオーバーテイクが難しいというのが定評だったが、今回FIA(国際自動車連盟)はコントロールラインから1コーナーまで、830mを使用可能範囲に設定、これは今季ここまでで最長ということになる。

前回のトルコGPでは実に80回ものオーバーテイクがみられ、これまでにない白熱したレースを演出したが、今回のスペインGPにも期待が高まっている。

|

« フェラーリ、アロンソと2016年末までの長期契約 | トップページ | ザウバー・チームに新スポンサー『マネー・サービス』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51718338

この記事へのトラックバック一覧です: オーバーテイク繚乱? 最長となるバルセロナDRSゾーン:

« フェラーリ、アロンソと2016年末までの長期契約 | トップページ | ザウバー・チームに新スポンサー『マネー・サービス』 »