« ベッテル(レッドブル)今季4勝目、ザウバー勢初のW入賞! | トップページ | 連続ポイント獲得・小林可夢偉(ザウバー)、「方向性は正しい」 »

2011/05/23

イエローコーション下の走行で4人に戒告処分

McLaren Duo (C)McLaren Group
拡大します
スペインGPのレーススチュワード(競技審査委員)は、決勝レース中に起きたイエローコーション下での走行について、4人のドライバーに戒告処分を通知したことを明らかにした。

対象になったのはマクラーレンのハミルトン&バトン、レッドブルのウェバー、そしてトロ・ロッソのアルグエルスアリら4人で、T-ロータスのコバライネンがクラッシュしてイエローフラッグが振られた際、いずれも十分な減速をしなかったというもの。
4人は決勝レース後スチュワードに呼ばれて審議を受け、また当時の走行データ解析を行ったりしたが、結局具体的な処分は免れる結果となった。

ただマクラーレン・チームのマーティン・ウィットマーシュ代表によれば、「あの区間でドライバーが減速していたことはデータから確認出来たが、スチュワードにはそれが十分なものではないと映ったようだ」と、擁護している。

|

« ベッテル(レッドブル)今季4勝目、ザウバー勢初のW入賞! | トップページ | 連続ポイント獲得・小林可夢偉(ザウバー)、「方向性は正しい」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51745619

この記事へのトラックバック一覧です: イエローコーション下の走行で4人に戒告処分:

« ベッテル(レッドブル)今季4勝目、ザウバー勢初のW入賞! | トップページ | 連続ポイント獲得・小林可夢偉(ザウバー)、「方向性は正しい」 »