« ウェットのトルコGPフリー走行1回目、小林可夢偉6番手 | トップページ | ピレリ、ウェットタイヤにも自信示す »

2011/05/06

フリー走行2回目はドライ、バトン(マクラーレン)が最速

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
トルコGPフリー走行2回目セッションが行われた6日(金)午後は、天候も回復して完全なドライコンディションとなった。
各チームとも午前にできなかったテストプログラムを消化のため精力的にコースに出たが、その中で午前に大クラッシュ劇を演じたレッドブルのベッテルだけは、マシン修復のため結局最後までコースに出ることはなかった。

トップタイムを記録したのはマクラーレンのバトン、これにメルセデスGPのロズベルグが続き、この2台だけがベストタイムを1分26秒台に入れた。
3-4番手もハミルトン、シューマッハと続き今回はこの2チームが上位を席巻した。
レッドブルのウェバーは5番手、以下マッサ(フェラーリ)、ペトロフ(ルノー)、ディ・レスタ(フォース・インディア)、ペレス(ザウバー)、スーティル(フォース・インディア)と続いている。

ウィリアムズの新人マルドナドは再びコースアウトしてクラッシュ、チームの混迷に拍車を掛けた。
またザウバーの小林可夢偉は新しいパーツを試していた模様で、ピットに留まる時間が長く結局18番手になっている。

トルコGPフリー走行2回目の結果はこちら
トルコGP画像はこちら

|

« ウェットのトルコGPフリー走行1回目、小林可夢偉6番手 | トップページ | ピレリ、ウェットタイヤにも自信示す »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51597901

この記事へのトラックバック一覧です: フリー走行2回目はドライ、バトン(マクラーレン)が最速:

» トルコGP FP2 [FASTEST LAP -F1を3倍楽しむブログ-]
なんとこのセッションは晴れていますw FP1は雨だったのにね・・・ FP1でマシンを壊したベッテルはこのFP2はマシン修復が間に合わず走行出来ませんでした。 レッドブルとしてはウェバーだけのデータに頼らざるをえない状況に・・・ ちょっと痛手です。 FP1をほとんど走行... [続きを読む]

受信: 2011/05/07 07:43

» 2011年 F1第4戦 トルコGP フリー走行2回目 [三十路女のへっぽこ生活]
順位 ドライバー コンストラクターズ ベストタイム 周回 1 ジェンソン・バトン マクラーレン 1分26秒456 26 2 ニコ・ロズベルグ メルセデスGP 1分26秒521 29 3 ルイス・ハミルトン マクラーレン 1分27秒033 31 4 ミハエル・シューマッハ メルセデスGP 1分27秒063 21 5 マー... [続きを読む]

受信: 2011/05/07 19:08

« ウェットのトルコGPフリー走行1回目、小林可夢偉6番手 | トップページ | ピレリ、ウェットタイヤにも自信示す »