« FIA、ブロウン・ディフューザー規制はヨーロッパGP以降に | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「新ハードタイヤはまったくの別物」 »

2011/05/21

ピレリ、新ハードタイヤに自信、「1ストップも」

Tyre Work (C)Lotus Renault GP
拡大します
ピレリタイヤは今回のスペインGPで初めて本格的改良型のハードタイヤを持ち込んだが、1日目のフリー走行を終え、同陣営のポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターはその性能に自信を示した。

「今日のフリー走行を終え、ドライバーによってその感想は異なるものだったが、これはそれぞれのチームのマシンの特性によるもので、全体としては大きく改善されたと考えている。
これまでよりグリップが低くなり、ラップタイムが遅くなったことは否定しないが、しかしこれは当初もらった通りのこと。
耐久性が増したことは事実なので、これにより決勝レースでのタイヤ戦略は大きく変わることだろう。
チームによっては再び1ストップということになっても私は驚かないよ」

レギュレーションによりプライム(ハードタイヤ)とオブション(ソフトタイヤ)の2種類を使うことが義務付けられているため、ピットストップは一番減らしたとしても1回は必須となる。

|

« FIA、ブロウン・ディフューザー規制はヨーロッパGP以降に | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「新ハードタイヤはまったくの別物」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/51726420

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ、新ハードタイヤに自信、「1ストップも」:

» 世界最速のF1タイヤ―ブリヂストン・エンジニアの闘い [三十路女のへっぽこ生活]
Mシューマッハーと「ハミー」「シュミー」と呼びあい、あらゆるF1関係者から絶大な信頼を得ていたブリヂストンの浜島裕英さんの著作。 レーシングタイヤ制作の舞台裏だけでなく「組織で働く」ということや「ものをつくる」ということについても考えさせられるおもしろい本で... [続きを読む]

受信: 2011/05/21 12:41

« FIA、ブロウン・ディフューザー規制はヨーロッパGP以降に | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「新ハードタイヤはまったくの別物」 »